あなたの商標登録をサポートします。


商標を登録するには、特許庁へ出願手続きをする必要があります。 同じ商標について二人以上の者が出願した場合、より早く特許庁へ出願した者が登録を認められます。仮に同日に同じ商標について二以上の者が出願した場合には、出願人の協議によって定められた一の出願人のみが登録を受けることができます。協議が不成立の場合などには、特許庁長官が行う「公平な方法によるくじ」によって定められた一の出願人のみが登録を受けることができます。

登録が認められるためには、審査官による審査を経る必要があります。審査とは、その商標が登録の要件を満たしているかどうかの審査です。例えば、3条1項各号の要件や4条1項各号の要件など法律で定められた要件を満たしている必要があります。 審査を通過した商標は、登録査定がなされ、登録料金納付により商標権が付与されます。

商標権の存続期間は、設定登録の日から10年間で消滅します。しかし権利の更新申請により、さらに10年間存続させることができます。このように商標権は、いったん登録が認められれば、その登録商標を独占的に使用し続けることが可能な権利です。継続的で安定した経営をするためにも、あなたの大切な会社名や商品名を登録し、法律により守られた状態で、安心して使用しましょう。

登録をすると多くのメリットが得られます。例えば、


写真 独占して使用することができます。

権利者は、独占的に使用することができます。他人から差止請求を受けて、突然その標章を使用することができなくなるなどの恐れがなく、安心して事業を展開していくことができます。

写真 他人の使用を制限できます。

権利者は他人の使用を制限できます。他人が同じ標章や同じような標章を使用している場合には差止請求等の権利行使をすることができます。また、他人が同じ標章や同じような標章を出願して登録を受けようとしている場合には、それを阻止することができます。

写真 実施許諾で収益を得ることができます。

権利者は、他人に専用使用権を設定したり、他人に通常使用権を許諾したりすることにより使用料を許諾したりして収益を得ることができます。

登録は、いわば早い者勝ちです。
使用したい標章がお決まりの場合には、お早めにご連絡ください。

商標登録のページ商標登録費用のページなども参考になります。